小休止
かなり普通に日記。異常なまでに毒にも薬にもならない。シー○ン育ててる気分でたまに覗きに来て頂けるとありがたいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライフワーク



どうもこんばんは、ご無沙汰しております。
特に意図したわけではありませんが、前回の更新からちょうど一ヶ月になりますね。


この一ヶ月間…どんなことがあって何がどうだったか
っていうのはまぁいつも通り書いても書いても書ききれないのですが
ちょうど昨日、Facebookにダラダラ長文を投稿したので
それをまぁ例によって丸ごと写そうかなと! そう思う訳です。
自分的にもそれなりに手応えがあって、読んでくださった方々の反響(コメント)にも胸が熱くなる。
そんな文章になりました。お暇があれば是非読んでみてください。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



5/4(木)~5/5(金)に隠岐島へ行ってきました。
○○△△さんとそのご家族に会ってきました。
○○さんは、僕が3回生の時の隠岐島での教育実習で大変お世話になった方です。
GW真っ只中、家族水入らずの旅行に乱入という暴挙を申し出たにも関わらず、皆さんが僕を温かく迎え入れてくれました。
子ども達とは本気で遊びました。(一応)お客である僕にいつも気を遣ってくれていた長男くん。(一応)お客である僕のことを探りながらも、遊びに誘ってくれた長女さん。何でもありのおかまいなしで僕に近寄ってきてくれる次男くん。彼ら3人に囲まれていると、自分まで子どもに戻ったような気分になってきて、僕にとって本当に本当に幸せな時間でした。
○○さんの奥さんには、仕事での悩みを洗いざらい打ち明けた所、快刀乱麻を断つかのような貴重なお言葉をたくさんいただき、目から鱗の連続でした。朝ごはんの用意をしてくれたのも○○さんの奥さんでした。きっと他にも僕の見えない所で色々なことをしてくださっていたのだと思います。とっても素敵な人だなと本当に思いました。
○○さんとは、二人でお酒を飲んだりご飯を食べたりしました。夜は二軒行って。お家で飲むためのお酒も買って。翌日はお昼を一緒に食べました。
「本当にお金出さんでいいけん」「出したら怒るよ」と言って、ついに一銭も出させてくれませんでした。
○○さんご夫婦の生まれ故郷である島後をドライブに連れていってもくれました。
馴染みがあるお店にも連れて行ってくれました。気さくな店主さんが印象的なとてもいいお店でした。
帰りのフェリーでは、僕一人のためにずっと港に残って両手を大きく振ってくれていました。
僕は今まで色んな人を見てきたし、これからも色んな人に出会っていきます。
でも、○○さんよりも格好いい人に出会うことはできないんじゃないんだろうかと思っています。
「どんな先輩になりたい?」と聞かれたら、まず間違いなく僕は○○さんのことを思い浮かべながら話をすることでしょう。


今年度は、新採用2年目でありながら学校内で一番難しいと断言されているクラスの担任になり、体育主任もしています。
全校児童は100人ちょっとで各学年単学級。教員数は20人弱。教員一人にかかる負担が大きくなりやすい規模だと認識しています。
「体で覚えろ」「察しなさい」と言わんばかりのごく僅かなサポートや、単純な経験不足による、失敗に次ぐ失敗。いまや最早周知の事実となった超過勤務。
なるほどこうやって教員は忙殺され個性と情熱を失い何の面白味のない先生が量産されていくのか、と。冷静になっている自分が常に居ます。
まぁ早い話が「出る杭は打たれる」的な話になる訳ですね!笑 そこで一番気になるのは、今これを見ている人が「出る杭を打つ側の人間」になってないかということです。もしなっているとしたらそれは凄く悲しいことだと思います。
みんな悟空に憧れたはずです。桜木花道みたいになりたいと思った人もいるでしょう。ルフィなんて今や世界のヒーローです。
じゃあどうして大人の世界っていうのはこんなにも冷めた人が多いのか。そこに、俺が俺の教育を諦めたくない一番の理由があるような気がしています。


写真は隠岐へ行かせてもらった時の写真の一部になりますが、一番最初の1枚は、僕が朝ごはんをご馳走になったとき、食パンにマヨネーズをかけていたのを見てそれを真似してくれている次男くんです。ただただ可愛くて癒やしでしかありません(笑
長々と書きましたが、要するに「子どもが一番」ということかなと思います。
今、目の前にいるこの子のために俺は何を言い、何をするべきなのか。
そんなことをこれからずっと考え続けていきたいと思いますヽ(´▽`)/



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


と、いう感じです。
「響く人に響いてくれたらいいな~」と思って投稿したのですが
思っていたよりも嬉しい反響がありまして。何かもう泣いたりしちゃったんですが。
何だかんだやっぱ俺は幸せ者なんだな、と。置かれてる環境は確かに
厳しさそのものではありますが、こうやって思いをぶつければそれに真正面から
応えてくれる人がいるんですよね。これがどれだけ嬉しいことか。
まぁ目の前の子ども達は常に真正面から俺の思いに応えてくれてる訳なんですが
大人でこういう人がいるということに、何だか無性に嬉しくなりましたヽ(´▽`)/


事務的な仕事はぶっちゃけ全然間に合ってなくて周りの先生方に迷惑掛けまくりで
つくづく「俺って教育現場に合ってないのかもな~」と思っていますが
クラスの子ども達との関係は日に日によくなってきてると感じていて
つくづく「子どもとの関係作りで俺に勝る人とか居るの?」と思っています。
今はまだ間に合ってない事務仕事も、個人的には既に要領を得始めているので
数年経って完全に慣れてサクサクこなせるようになった頃、俺は周りの人達から
一体どういう風に思われているんだろうな、と思うとそれはもう夢が広がりますよね!笑
まぁ何にせよ今は目の前にいるあの子らのことで頭が一杯です。
大人は裏切る。子どもは絶対に裏切らない。分かりやすくていいなと思います。
と、いう訳(?)で今日はこの辺で!笑
次回いつになるか分かりませんが乞うご期待ですヽ(´▽`)/


ではまた☆
スポンサーサイト

まるでたけのこのように



どうもこんにちは、ご無沙汰しております。
前回の更新から一ヶ月以上経っていますが
特に困ったこともなく元気に過ごしていますヽ(´▽`)/


さて
何を書くかということで、手が止まっているわけなのですが。笑
色々あるので、厳選して箇条書きで整理していきますかね~


・学校のこと(新年度を迎えて)
・恋愛事情


…とりあえずこんな感じでいきましょう! シンプル!笑
「他何書きたいことあったっけな~」って深く考え出すと
あれもこれも思い出してきて、どう文章で表現すればいいか分からなくなってきて
自分で自分の身動き取れなくしてしまうので、こんな感じでさくさくいきましょう。笑


学校のことですが、いよいよ1年目を終えて2年目に突入しました。
肝心の担任は4年生。5年か6年と予想されていたのですが、4年生でした。
校長室に呼ばれ「4年生の担任をお願いしようと思っています」と言われました。
4年生といえば、2年生の終わり頃にほぼ学級崩壊のようになったクラスで
それを、3年生で俺の尊敬する凄い先生(以前出てきたA先生のこと)
が1年間で見事に立て直してからの、俺が担任と言う流れです。
「きっと今の1~6年生の中で一番難しいクラスでしょうね。」と言われました。
だから、経験の浅い俺がもつことはないだろうという予想だったのですが、もっています。
更には、体育主任も任せていただくことになりました。体育関係の行事を取り仕切るという
非常に重要なポストです。学校全体、教職員全員に関する非常に重要なポストです。
「俺は実力を見込まれ、期待されている。」 そう思うと、武者震いがとまりませんでした。


そして新年度が始まったわけなのですが、今の所クラスは順調にきています。
学級開きで俺のジャグリング動画とダンス動画を見せてやったのですが、あれがもう
効果てきめん効果抜群どんぴしゃりだったなと。芸は身を助けるとは正にこのことかと。
とにかく今は子どもとの関係を大事に作りながら、こちらの願いを言い続けています。
そしたら子ども達の中でも俺の願いに関する話題が出始めて、良い傾向ですね。
雑務はただ面倒なだけの仕事ですが、こうやって子ども達と本気で関わりながらクラスを
良い方向へとまとめていくというのは本当に楽しいし、最高のやり甲斐を感じます。
「一番難しいクラス」と言われるだけあり保護者の中にもなかなかの難所があるのですが
やってやろうじゃねえか、と。俺に任せておけ、と。そんな気持ちで胸が一杯ですね。


と、いう感じでしょうか。他にも色々思いつきはするのですがとりあえずこれで。
二個目の・の恋愛事情についていきましょう。笑


前回の日記で色々書いたのですが、何と言うか最近この辺のことについて
本当に自分の中で考えが深まっているというかそんな感じです。
男性が女心を完璧に理解するなんてのは一生かけても絶対に不可能だと感じるのですが
(そもそもそう感じるようになっただけで大きな進歩ですし)、そんな中でも
「女性はこういうときにこういうことを考えるんだろうな」というのが、何となくではありますが
つかめるようになってますね。周りの女性の方たちの反応が明らかによくなってきてます。
そうなると、今までの自分の愚かさに気がつき絶望するのですが(笑)
その今までの愚かな自分がいなければ、今のこの自分はいない訳で。
失敗が人を成長させるのは本当にあぁ本当なんだよな、と。改めて感じています。笑
では具体的なお話をしていきましょうか。


僕の身の回りの女性の方で話題になる方といえば養護の先生、Aさん、Aさんの友人
ぐらいな訳ですが、お一人ずつ近況をぼちぼち書いていきましょうか。
俺の独断と偏見をノンフィクションでありのままに好きなように書いていきます。
「読んでもらうため」と言うより「自分の頭の中を整理するため」に書く感じですので
読んでくださる方がどう思われるかという配慮まではさすがに出来ません><
「何言ってるんだよ。お前何様のつもりだよ。」とか思わないでくださると幸いです。笑


まず養護の先生ですが、相変わらず見た目が超可愛いくて人が良くて元気も良くて
シャキシャキ仕事も出来て、そして相変わらず俺のことを好いてくれてる。
こないだは仕事のことで個人LINEがきたりして「おぉ…」となったのですが。
年齢は大体僕より10個ぐらい上。ですが、何と言うか本当に
女性というより「女の子」みたいな人です。そういう風に扱われると
とても嬉しそうにしますね。純粋というか素直というか。
そしてこの人の凄いところは自分でそれを認識してるということ。笑
自分で自分の価値や可愛さを正確に理解してる賢さもあるのですが
かと言ってあざとさがある訳でもなく、むしろ
「あなた自分では気付いてないけどそれめっちゃ可愛いからね」
的なところも結構あったりして、何と言うか無敵の可愛さを誇っています。
最初の方こそ僕もこの人のことは凄く好きでしたが、今はそこまでではありません。
何と言うか、↑にも書いたのですがあまりに自分に自信がありすぎるな、と。笑
謙虚さが清々しいまでに感じられないな、と。笑 それはちょっとな、と。
表向きは全くそんなことはないのですが、にじみ出るものがありますよね。
まぁ要するに「私可愛いし凄いでしょもっと私を褒めて」という性格ですね。
そして褒めると喜ぶんですよね。無邪気な女の子って感じでとても可愛いですよね。
ただあまりにも強く「私は与えられる側の人間」と思い込んでいる節があるな、と。
そこがどうしても俺は受け入れられないんだな、と。
本人の性格を変えていけるなんておこがましいことも思えないな、と。


彼女のことが好きすぎて本人のことを考え続けた結果がこれです。
俺と彼女との間で一般的な「愛」の形を成すことはなかったしこれからもないだろうけど
ある意味で俺は彼女のことを本気で愛しきって完全に燃え尽きたのかもしれないなとか
そんなロマンチックすぎて一生分の反吐が出そうなことを思っています。笑
……これまぎれもない実話なんですよね。我ながら何と言うかとんでもないですね。


さぁ、まだまだいきましょう。
脳みそフル回転でぼーっとしてきましたがまだまだいきましょう。笑
きっとこの記録は俺の糧になるはずだから


つぎはAさんとAさんの友人についてですね。
俺、友人B、Aさん、Aさんの友人で物凄く馬が合って4人で度々遊びに出かけている
というのは今まで何度か書いたような覚えがあるのですが、先週の今日この4人で花見に行きまして。
そこでBとAさんの友人が付き合い始めたと言う報告を受けて俺とAさんで愕然としたわけです。笑
「まぁそりゃ普通そうなるよな」とか「おいこれ俺とAさん付き合わなきゃいけないのか」とか
色々な考えが頭の中をめぐった結果、絵に描いたようなドロドロっぷりに一気に俯瞰視点になりこれもう笑うしかねーなという感じなのですが。笑 まぁこれもいい経験ということで、はい。
俺とAさんが付き合えば万事丸く収まるんでしょうけど、残念そうは問屋が卸しません。笑
かと言ってこのまま4人で遊ぶというのも、Aさんが俺のことを好いている以上なかなか変な感じになりそうですしね。本当にバランス取れたいいメンバーなので、このまま消えるのは勿体無いのですが活路としてはAさんが誰か他の人を見つけるしかないですね><
今後に乞うご期待です(他人事


で、ここでまた新しいDさんという人が出てくるわけですが。
もう本当に疲れてきたのでざっくり適当に書こうと思いますけれども笑
一昨日の金曜日、僕が幹事になって同期の飲み会を企画しまして。
集まったのは5/12人という少人数で、男女比は3:2でした。
まず俺以外の男二人は仕事がどうとかで1時間以上遅れてくると。笑
それでも会話は弾み、3人で楽しく飲んだり食べたりしてたら二人が到着。
5人で改めて楽しく飲んだり食べたりして、終電で解散、という訳です。


「今回俺なかなか上手く会回してたんじゃねーかな」と満足感に浸っていると
来てた女性のうちの一人、DさんからLINEがきまして。
ありがとう、すごく楽しかった、また飲みましょうとか言ってくれてるわけですよ。
手応えが確信に変わった瞬間でしたね。いやもう本当にガッツポーズ。
返事をすると「ほんとに楽しかった」とのことで、社交辞令のセンを消しました。笑
こういう会を開いて女性に楽しんでもらえたっていうのは本当に自信になります。
以前に同期で飲んだときもDさんが近くに居て、よく笑ってたのを覚えてるので
笑いのツボが近いのかもしれません。たまにいるんですよね、こういう人。


Dさんのことが好きかと言われたらさすがにそれはまだはっきりとは言えませんが
なんにしろ次の約束を取り付けるしかないということで色々考える訳です。
「さすがにいきなり二人は重いだろ。同じメンツでもう一回飲むのが定石。」
「4月中だと間があんまないから5月のGW以降が妥当かな。」
そんなこんなで打診してみると、嬉しいことに前向きな返事が返ってきたのですが
「…4月中に二人でもいけた?むしろその方がよかttいやでもそれは性急すぎる焦るな俺」
的な感じで、一人で勝手に駆け引きを楽しんでいます。笑
ちなみにDさん遠距離恋愛で高校から同じ人と6年間付き合っているそうです。
ちなみにDさんは別の学校で養護の先生をしています。「養護の先生」のことも勿論知ってます。
これからどうなるかはさっぱりですが、取り返しのつかない失敗だけはしないように
気をつけて(笑)、どんどん経験値を積んでいきたいと思います☆


と、いうわけで今日はこの辺で!
久しぶりにしこたま書きましたね。疲れましたね。
タイトルはつまり、こんな感じで俺は成長し続けていますよ、ということですね。
これからもぼちぼちがんばって行こうと思いますのでよければ見守ってやってくださいヽ(´▽`)/


それではまた☆

ヒーローとヒロイン




大変ご無沙汰しておりました。憩です。
書きたい。とにかく書きたい。今の俺の現状、心境。などなどを。笑
そんなことを思い、つい先日Facebookにがっつり投稿したので
例によってまた後ほど丸ごとコピー&ペーストしようと思うのですが
それはそれとして、ここは小休止。他のどこでもない、小休止。
俺のありのままの思いをそのまま着飾らずにとことん書き散らかす場所な訳ですから
やはりとことんやっていきたいと思います、はい。よかったら読んでみてくださいヽ(´▽`)/
フィクションの部分があったらその時はきちんと言いますのでご安心ください><


さて。
久々ということもあり何をどこからどんな風に書けばいいのかすぐに出てこない
感じですが、そんな中でも頑張って書いていこうと思います。笑


元々自分に自信がかなりある方で、自分にはそれなりの価値があると思い込んでいます。
性格、容姿、職業…等々、自分が異性だったら自分と結婚するんじゃないかとさえ思い込んでいます。
そんな俺ですが、最近よく思うことが
「俺には俺が思っている以上に価値があるんじゃないのか」ということ。
他人にどう思われようが自分が自分を格好悪いと思わなければそれでいい、というのが
俺のポリシーで、誰よりも俺が俺のことを認めていると思っていたんだけど
どうやらもしかするとそうじゃないかもしれない、俺は俺が認めている以上に
周りの人に認められてるのかもしれないということを最近よく思います。


なぜそう思うかというと
後で載せようと思ってるFacebookの文章にも色々書いてあるのですが
そこに書いてないことを言うとすれば、やたら異性との関わりが増えたということ。
俗(?)な言い方をすればやたらモテ始めたということですね。
例のAさん、Aさんの友達、職場の先生、同世代の同僚たち、などなど
それこそ直接は会わなくてもFacebookで俺の投稿を興味深く見てくれている子もいます。
このブログにも登場したことがある、高校時代のある女の子の言葉で
「憩くんはあれだね、言うなら天然女たらしだよね。」という言葉があるのですが
最近やっとその意味が分かったというか。自分が自然にしてることがことごとく
ピンポイントなんだろうな、と。この女の子本当にすごかったんだな、と。
じゃあ何か。ただの自慢がしたいのか。と言えば本当に全くそんなことはなくて。
知らず知らずのうちに、自分が人間的に成長できた・できそうな時にこのブログを
更新するというのが習慣になっているなと最近気付きまして(いわゆるメタ認知的なもの
今回もその人間的な成長、いわゆるレベルアップが感じられているので
それを書き残したいと思い、いまこうして文章を書いているわけです。


今回は、恋愛感情とか人間関係についての捉え方がレベルアップした気がします。
恋愛とか人間関係について一度も悩んだことない人ってのは多分一人もいないでしょう><
いま俺の目の前にいる8歳そこらの子ども達でさえ毎日あれこれと悩んでいます。
もちろん俺も今まで何度も何度も悩んで色々考えてきましたが、その悩む段階が
上がったというか何と言うか、今まで考えなかったことを考えるようになった気がします。
人それぞれ短所も長所もある中でどうやって相手を選ぶのか。
俺のことを認めてくれる人が沢山いる中で、どうやって相手を選ぶのか。
Aさんは俺のことを好きだけど俺はどっちかというとAさんの友達の方が好きでAさんの友達も
割と好意を抱いてくれてるみたいで。そういう場合はどうするのがいいのかとか。
やたら周りは俺のこと褒めてくれるけど、実際そんな大したことない所も一杯あるから
何かそこまで何とかしなくちゃいけない気になってきて、でもそれは何とかしなくてもいいよなとか。
抽象的なことと具体的なこと。答えを出そうと思えばすぐに答えが出ることとそうでないこと。
何やら色々とごちゃごちゃ考えています。考えていますが、近いうちにいつかきっと
あのファンファーレが鳴って、頭の中がクリアになることでしょうヽ(´▽`)/


まぁ何やらかんやら色々書きましたが、突き詰めると
題名にもあるように「俺のヒロインは誰なのか」という所に行き着くのかなとと思います。
彼女やら結婚相手やらではピンと来ない。ヒロインという言葉ならぴったりくるんです。
今周りに居る人の誰かか。それとも見たこともない誰かか。年下なのか年上なのか。
そしてその人は俺のことをどんな言葉で語ってくれるのか。
今のこの俺で結論を出すには、あまりにも早く、勿体無いような気がします。


と、いうわけでではFacebookの投稿でも丸ごと写しますかね!笑
長いですよ、長いです。ここまでもなかなかの長さだったけど、ここからもそこそこです。
それなりに覚悟してください。場合によっては休憩もあり。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


小学二年生22人の担任をしています。1学年1クラスしかないのでいわゆる学年主任です。先日、校長先生にこんなことを言われました。
「二年生の終わり頃は子どもたちが大人から自立し始める時期で普通はクラスがざわつくものなのに、とても落ち着いてるのが印象的ですね。」
教頭先生にはこんなことを言われました。
「いま二年生ものすごく落ち着いてなかよく毎日過ごせてるけど、これは当たり前のことじゃないですからね~。」
このことが長い目で見て良いことなのかどうなのかははっきり判断できませんが、ただ、俺がいま常識を覆しているというその事実に、最高にテンションが上がってきます。
そして、今まで自分が感じてきていた手応えが校長先生や教頭先生という着実に経験を積み重ねてきた人達の目に留まっているということもかなりのガッツポーズものです。
俺の言葉を子ども達はいつもまっすぐに受け止めてくれてると感じるし、ありがたいことに保護者の方々との関係もとても良好で、こないだの最後の学級懇談では感極まって涙を流してしまったほどでした。
「仕事こそ人生の全て」なんて極端すぎることこれっぽっちも思ってないし、盲目的に「教師=いい職業」と思い込んでるかって言ったらそれも完全にNOですが、それでもやっぱり教職の魅力とかやり甲斐が計り知れないことに間違いはないなと思いなおした次第です。
月曜日には全校児童の前での学年発表、水曜日には校内の先生方を招いての授業があります。
この両方で二年生の素晴らしさを学校中のみんなに存分に堪能してもらえると思うと今から楽しみ楽しみで仕方がありません。


話は全く変わりますが!笑
写真はとあるメンバーで広島へ一泊二日で旅行に行ったときのものです(^^)
「宿泊研修でグループ番号を勘違いして別の班に紛れ込む」
「合コンをドタキャンする」
俺のこの二つの大失敗をきっかけに出来上がったといっても過言ではない何とも絶妙なメンバーですが、一人一人の性格がめちゃくちゃ上手い具合に合ってて最高に居心地がいいですね><
(省略)


このメンバーを含め、俺は本当に心から尊敬できる素敵な人たちに沢山出会っているなと強く感じる今日この頃。
今はとにかく目の前のこと一つ一つに一生懸命になること。
そしていつかは俺もそんな「素敵な人たち」みたいになりたいなというのが今の一番の思いですね。
(以下省略)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


と、いう感じです。これもそれなりに推敲して書いたので
自分の思いを割と上手くまとめて表現できたかなと思っています。
反応ありきで書いていませんが、それなりに嬉しい反応もありました(^^)
もう何というか本当に今クラスの子ども達とは信頼関係しか感じません。
だって俺はずっと本当にクラスの子らが大好きで、綺麗事やら大人の事情は一切排除して
「今この子に何をしてやるのが最善か」以外は考えずに色んなことをしてやってきた訳ですから。
そして、子ども達はそれにそっぽを向かずに本気で向き合ってきてくれました。
ふと「あれ、俺何で給料もらってるんだっけ」と思うことがある、というのは大嘘で
お金はもらわなきゃやってられませんが(笑)、でも何て言うか、うん。ものすごく幸せです。


と、言うわけで今日はこの辺で!
今週末は卒業式、来週末は修了式。
小休止の憩、社会人編「最初の一年」色々ありましたが、いよいよクライマックスです。
次はここに何を書くことになるのでしょうか。俺自身非常に楽しみですヽ(´▽`)/


それではまた☆

感謝感激雨あられ



どうもこんばんは!
20日ぶりになりますが、それなりに元気にやっております。
日曜の夜、しかも時刻は23:51ということで「明日からまた1週間仕事か」みたいな感じで
しかも今週はなかなかハードスケジュールでなかなかに萎え気味ではありますが
とりあえずぼちぼちブログでも更新しようかということで今に至ります。笑


淡々と流れながらもその中身は濃厚な日々を過ごす中で
なかなかこれといったことを見出せずに20日も経ってしまった訳ですが
今回は仕事(学校)、スノボ、大晦日の集まり(前記事参照)に焦点を絞って
書いていこうと思います。予め言っておくとメインは「大晦日の集まり」です。笑


まず学校のことですが、正直そんなに特別書くことは無かったりします><
それなりに大変で、とても楽しくて、果てしないやり甲斐があります。
と、ここまで書いた所でいつだかFacebookにある記事を投稿したのを思い出したので
またまんまコピー&ペーストしようと思います。笑 暴挙は三度繰り返される←


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


(省略)
さて、今日は初出勤だったのですが、珍しいお仕事をしてきました。市内某所が毎年発行する雑誌のようなものに掲載する記事の執筆、です。「本年度新採用者」という立場で記事を書かせていただきました。テーマは随想ということで要するに何でもありなのですが、去年のものを適当に流し読みしてた中で目に留まったひとつの記事に思いがけず心を打たれ、完全に火がつきました。
「あなたのよりいいのを書かなきゃ気が済まなくなった。今年のNo.1には俺がなる。」
そんな勢いで書いた記事がこちらになります。


 「資質をもってる。」「センスがあるね。」「いい先生になるよ。」
 高校時代の恩師や教育実習でお世話になった先生方にいただいたお言葉で、今でもこの皆さんの声は鮮明に思い出すことが出来る。
 この他にも沢山の有り難い言葉をいただきながら教師を志してきた。そして「自分には教師としての天賦の才がある。」という妙な暗示に順調にかかっていった。こんな根拠のあるようなないようなおかしな自信を、当時大学生の私は確かにもっていた。その変な自信が功を奏してか、採用試験に合格し、今年度から○○小学校に勤めさせていただくことが決まった。
 教師として働き始めると、色々なことがあった。色々な日々の中で記憶の中に深く刻み込まれているのは、やはり子どもたちの姿だ。不慣れな私の授業の中で一生懸命学ぼうとしている姿や、屈託なく笑いながら友達と楽しく遊んでいる姿。それら全てに私の琴線は強く揺さぶられた。「子どもって本当に凄い。自分の力で彼らをもっと凄くしたい。」何度もそう思った。この圧倒的なやりがいの前に、愚痴や不満などが出る余地は一切なかった。
 今、学生時代から自分を励ましてきてくれている方々を始めとして、多くの方々が自分を信じてくれているのを感じる。しかし誰よりも自分のことを信じているのはいつも自分だ。「若いな。人生そんなに甘くないよ。」と嘲笑われてもいい。むしろそれぐらいがベストだ。「岡山に(俺の名前)有り」と。皆にそう思われるその日まで、私は子どもと伸び続ける。


(省略)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


と、いう感じなんですが、我ながらこの文章には手ごたえを感じています。
お察しの通り俺は文章を書くのが好きなのですが、こうやってあらたまった感じで書くことは無いので
「これ俺が書いた文章だっけ」ってなりましたね。 語彙、構成、まとまりなどなど
まぁなかなかよくできてるんじゃないかな、と。物凄く客観的に自分を見ることが出来た気がします><
ということで学校については以上になります。笑


次はスノボのことですね。もう完全にハマっていますね。
ブレイクダンスと全く同じで、やはり俺は好きになったらとことんなんだな、と。笑
と言うかこの二つって性質(?)がよく似てるので、ハマるべくしてハマったというか
もうとにかく楽しくて仕方が無いです。もっともっとどんどん上手くなりたいですね。
んでスノボは複数人で行って楽しめるのがまたいいんですねヽ(´▽`)/
ゲレンデマジックなんて言葉もあるぐらいですし、あの高揚感は独特でたまりません><


で、例の「大晦日の集まり」(前記事参照)のことですが、1/21に飲み会をしたんですよね。
居酒屋→ダーツバー→居酒屋→カラオケでオールという流れだったのですが
もう本当に人との出会いに恵まれたとしか言いようが無い会でした。
こんなことを言うと何だかアレなのですが、Aさんの友人(前記事参照)の可愛さが
とどまることを知りません。笑 前の記事に書いたようにサバサバ系の人なんだけど
その中にたまに出てくる女の子らしさがもうほんとに可愛いとしか言えないんですが
はい、いい人に出会えたなと思います。ネット見ることを「パソコンする」って言う所とか
クッキー作ろうとしたらせんべいになる所とか、Aさんにショックなことを言われて
「ちょっと一杯もらおうか」とおちょこを差し出してくるところとか(酒はかなり飲める)
タクシーに乗って運転手さんに行き先言う前に俺らに対して笑顔で両手で手ふってくれるところとか
笑った顔がとにかく可愛いとか…挙げればキリが無いですね。
で、彼女がそういう面を見せてくれるのは彼女が僕らに対して心を許してくれてるからに
他ならないわけで、それがもう凄く嬉しい訳です。
Aさんが、彼女が先に帰った後に「あの子にとってこの会はすごく楽しいんだと思うよ~」と
言っていたので、おそらく間違いないでしょう。それがもう凄く嬉しい訳です。(二回目
かわいこぶろうとしてわざと↑に書いたようなことをする女性ってのは多く居ますけど
彼女の場合は絶対わざとじゃないってのが分かってるから、こんなにも心が動くのでしょう。


ただ、ね、アレなんですよ。「憩とAさん」「BとAさんの友人」っていう構図からは
逃れられないというか。笑 暗黙の了解的なものが生まれて然るべきなので。笑
まぁ、その辺は深く考えずにとりあえず成り行きに身を任せようと思っています。
ただ、本当にいい4人組が出来たと思うので、これだけは本当に大事にしたいな、と。
とことんいじられキャラのAさん、Aさんの親友であるAさんの友人
とにかくまったりおっとりのらりくらりしてるB、そしてこの僕。


ちなみにこのメンバーが集えたのは、俺のしょーもない凡ミスがあったからな訳で
俺がその凡ミスをしなければこのグループが存在することはありえなかったんですけど
まぁその話はまた今度と言うことで…


今日はこの辺で〆ましょう! もう1:22だ!笑
ちなみに先週の火曜からダンスの朝錬を始めています。
学校の体育館で30分程度。やはりダンスは楽しいですね!
なかなかリハビリの域を出ませんが、その内動画とかも撮って
あげられたらいいなと思っていますヽ(´▽`)/


ではまた☆

求める姿は



2016年最後の記事があれかよ、やっぱ最後にバチっと締めたかったな
と早速後悔しながら2017年最初の記事を書き始めています。笑
あけましておめでとうございます。本年もどうか小休止と憩をよろしくお願いいたします。


年が明けてから昨年のことをふりかえるのもまたえらい野暮だなぁと思うのですが
スルーするのもアレなので、要点絞って振り返ってみようと思います><


何と言っても2016年は社会人一年目の年ということで本当に色々なことがありました。
数え切れないほどの新しい出会い。数え切れないほどの失敗。
そして数え切れないほどの喜びや幸せ。新しい出会いも失敗も喜びや幸せも
全部ひっくるめて自分の人生は本当によくできている、と。そんな風に何度も思わされた
一年でした。当たり前ではなく幸せなことだと常々肝に銘じてきました。今年は二年目に入ります。
「新人」「駆け出し」という看板を下ろされ、責任も重くなるでしょう。
でもまぁ結局は自分のやりたいことをやりたいようにやるだけなので、あんまり変わりません。
とにかく俺自身が一番格好いいと思う姿を一切ブレずにひたすら貫き通していきます。
他人の目なんてどうでもいい。俺が俺のことを格好悪いと思わなかったらもうそれだけで。
やります。やりきります。俺の全力で。今からとても楽しみですヽ(´▽`)/


と、いうことで。
軽く振り返って今年のスタンスも勢いで書いてしまいましたがいいですね!笑
自分の中で芯は通してるつもりなので、あとはいかにそれを保つかなんですよね。
頑張ります。頑張ります。大事なことなので2回言いました。
さて、ではまた昨年の話に戻ってしまって相変わらず野暮だなぁと思いつつも
そうなってしまった理由を含めながら前回更新から今日までのことでも書いていきましょうか。…いやまぁ別に野暮とか思う必要ないですね!笑 年が変わったのがなんぼのもんだって、はい。
今年はそんな感じでいきましょう。


12/17      紹介された女性(以下Aさん)と食事&職場の先輩(女性)の結婚式
12/22      終業式
12/23~12/24 職員旅行&大学の友人(以下友人B)と飲み
12/25       Bとダラダラ遊ぶ
12/26       出勤
12/27~12/28 年休取得 28日には約\160,000かけてスノボ用具一式揃える
12/29~12/30 大学の友人たちと温泉旅行
12/31~1/1   憩&B&Aさん&Aさんの友人で年越しやら初詣やら


ざっとこんな感じです。まずひとつ言うとすれば、17日に嘔吐でかなり苦しんだ←
結婚式で食べたものがまずかったかなと思いきやどうもそんなことはなかったようで。笑
熱も出てたので18日は一日中寝まくって。翌日からは無事に出勤できてよかったです。
Aさんとの食事ですがとても楽しかったですね~。保育士の同い年の人なんですが
穏やかで聴き上手な人で居づらさが全然なかったです。まぁAさんの話はまた後ほど><
結婚式も凄くよかったです。社会人としては初めてで、初ご祝儀を包んだのですが
新郎新婦さんの人のよさが凄く伝わってくる式で、初めての式がこのお二人ので本当によかったなと。
帰りには先輩の先生にラーメンをおごってもらいました。
嘔吐で苦しみさえしなければかんp(ry


で、次は職員旅行ですかね。
一番下っ端ということで気を遣うだろうな嫌だな~と思っていたのですが
行く前に想像してたよりかは楽しめました。笑 関西方面でしたが、うんまぁそれなりに。
某アローズの高級コートなど色々と収穫はあるのですが、大きな収穫は
心から尊敬できる先輩ができたことですね。この記事に登場する男性の管理職の先生なのですが
この人は本当に格好いいと。どれぐらい尊敬してるかというと、何かを決めるとき
「あの人だったらどうするかな」って考えるくらいは俺にとって大きな存在になってます。笑
あえて言うなら「この人についていけば間違いない」と思わせてくれる人です。
完全に理想の先輩像なので、もう本当に参考にさせてもらうつもり満々です。笑
で、養護の先生ももちろん来てたんですが、いろんな意味で相変わらずのお人でした><
何だか「不器用」で凄くそこが可愛いんですけど、でもそれも容姿ありきだよな、みたいに
思ったり思わなかったりして、あばたもえくぼってのは本当に上手いこと言ってるんだな、と。笑
うーん、相変わらず難しい話です。今年も答えが出ることはないのでしょうか。
乞うご期待です。


旅行中に大学の友人Bから急に「今晩空いてたら飲もう」と連絡が来まして
「暇だし迎え呼ぶ手間も省けるしいっか~」って感じでオッケーしたんですが
これが予想以上に楽しかった。常連しか来ないような居酒屋に行ったんですが
そういう所に集まる人たちというのはえてしてキャラが濃いというか面白い人たちが
多いみたいで、すごくすごかったですね、はい。ひとしきり飲んだ後はその場に居た
人たちでカラオケに行きまして。メンバーは「店の女将」と「マスター」
と「明らかに定年迎えてるおじいちゃん」と「俺らと大して年の変わらない若者二人」と
俺らの合わせて7人でした。ものっすごくカオスでした。
しかもこの若者の方の一人の職業が外科医っていうのもまたすごくすごかったですよね。
「また飲もうよ!」と言ってくださったので、また二人でお邪魔することになると思います。
ほんで翌日は二人でボウリングしたりゲーセン行ったりで普通に遊んで楽しかったです☆


12/27~12/28は休みをとったのですが、書いてある通り大散財しました。笑
昨シーズンに初スノボに行ってどハマりし「これは一生行くわ」となり
用具を揃えるのは決めていたのですが、ついに買っちゃいましたね。ボーナス万歳。
まぁレンタルのことを考えれば余裕で元は取れるのですが、それでもなかなか良いものを
買ったので割と使った方みたいです。でもまぁいつだかも書いた気がしますが
良いものを身に着けて(使って)なんぼ、っていう意識がやっぱり俺にはあるし
「初めてだからとりあえず安いので」ってのも分かるんだけど、スノボは本当に好きだし
いきなりがっつり良いもの手に入れてテンション上げて行く方が絶対楽しいし上達の早さも
全然違うんじゃないかなと思ってますし、多分それが真理なんじゃないかな、と。
もちろんよく知ってる店員さんに頼りまくりの相談しまくりながらで買ったので失敗もしませんしね☆
もう早く滑りたくて滑りたくて堪りません>< 今シーズン最低でも10回は行きたいですね!


で、えっと、温泉旅行ですね~
学生時代も定期的に飲みに行ってて、卒業後もちょくちょく会ってるという
本当に一生ものの友人3人と行ってきましたヽ(´▽`)/
そのうちの一人は最近いつだかの記事に出てきた例の親友です。
俺らがサシ飲みしてたら、あとから二人が加わってくれた、みたいな感じ><
みんな酒好きだしノリも合うし、相変わらずな感じで楽しかったのですが
やはり一泊二日となるとどうしてもすれ違いみたいなのが出てくるのは避けられないみたいで。笑
本当に上手いこといく4人だよな~と思っていたんですが、課題もあるようです。
まぁ要はお互い気を遣いあって本音が出てきにくい、っていうよくある話なんですが
このままなら一般的な友人4人組だけど、もしここを上手く乗り越えられたら
本物の親友4人組になれるでしょうね。相手のことを思わないといけない難しいことですが><


んー、なんかだいぶ書いてるな。笑 でも書きますよ、まだ書きます。
最後は年越しのお話。これもなかなか大きな出来事でした。
Bと25日に晩御飯を食べてたとき
B「俺大晦日仕事で帰省できないんだよ最悪」
俺「じゃあ俺行こうか? もしかしたら女子も誘えるかも」
みたいなノリで決まりまして。笑
例のAさんに声をかけて、友達も呼んでもらって合コン的な感じでいけたらなーと思ってたら
Aさんがとんでもない人を連れてきまして。正直、Aさんはすごく脈ありというかそもそも
俺の外見や性格を知った上で俺に会ってみたいと言ってくれた人で、食事のときも凄く
好感触だったから、あとはもう本当に俺次第な所まできています。
じゃあAさんの何が俺を踏み切らせないのか? それはもう察していただくしかないし
簡単に察せると思います。笑 ここまで言ったらもうひとつしかないですよね。


で、このAさんが連れてきた人がとんでもない話。
僕が駅まで車で迎えに行って、そこから3人でBの家まで行く予定でして。
改札前で二人が来るのを待っていたんですが、遠くにAさんの姿を見つけまして。
その隣を歩く人に目をやって「ん?何か美人っぽい」「でも今日大晦日だぞ」
「大晦日にこんな感じの会に美人がくるか」「彼氏とかと仲良くしてるだろ」
みたいなことを思ってたら本当に凄い美人がきました。笑
そんな人と12時間以上一緒にいたんですけど、どんな人かというと
脱力系で適当な感じなんだけど、愛想もノリも要領もよくて、凄く女子からモテる人
でした。とにかく男性っぽくて、女子力(笑)とも縁がない割には料理が得意だったりして
しかもかなりの美人ときたもんですからね。今まで付き合ったことがないと言ってましたが
もう何か納得しかできませんでした。男たちが意図的に纏うものよりも遥かに上質で純粋なものを纏ってるイメージですね。


いやー、書いたな。いっぱい書いた。笑
まぁ去年結構サボってたからいいんじゃないんでしょうか。
ここまで読んでくださって本当にありがとうございました(^^)
改めまして、憩をこれからもよろしくお願いします。
ちなみにこの段階でこの記事でタイトルまだ決まってません。笑
最後まで書いてからじっくり決めようと思います。
という訳で今日はこの辺で! よいお正月をヽ(´▽`)/


ではまた☆

プロフィール

憩

Author:憩
自己満足を目的として、身内率0%で晴れの国改め雨の国改め晴れの国からお送り中。ブログ開設10年目に突入していました。感慨無量です。
2012年に大学生になって以来更新が滞りまくりです。
大学生から始めたブレイクダンスは最早生き甲斐。

・趣味はいろいろあります
音楽(東方、ホルモン、洋楽(主はHR/HM)、B'z、ミッシェル・ガン・エレファント、ボカロ)、アニメ(ここ数年の有名どころは大体見ている)、麻雀、ボウリング、カラオケ、ボールジャグリング、ビリヤード、海釣り、などなどインドアからアウトドアまで幅広くカバー。

・漫画大好きで色んなジャンルのものを多数読んでいます(一部紹介)
「うしおととら、SLAM DUNK、がんばれ元気、め組の大吾、あしたのジョー、カイジ、北斗の拳」、うる星やつら、ハリスの旋風、ドカベン、大甲子園、麻雀系の漫画、タイガーマスク、オフサイド、ドラゴンボール、ブラックジャック、まんが道、銀次郎、ヒナまつり、古谷実作品、あずまんが、苺ましまろ…等々ほかにも沢山。週刊少年ジャンプを毎週読んでいる。(2005年から現在まで知り合いの方に譲り受け続けている。)

気さくにコメント,相互リンクなど大歓迎です。よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。